ありさの日々

夫と高校生の娘の3人暮らしです。日々の生活で感じたことを書きとめています。どうぞよろしくお願いします☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムさんの言葉

野球の野村克也氏の有名なぼやきや名言は、たくさんありますよね。
おそらくこの言葉を知っている方はたくさんいるでしょう。
私も、かつて聞いた事がありましたが、このたび心にピッと響きました。
今の心理にぴったりだったんでしょう。その言葉は、
「地位が人を作り、環境が人を育てる」です。
最近、娘が高校で、重要な役につくことになり、悩んでいました。
自分の実力以上の役で、きっと上手くできない、と。…気持ちはすごくわかります。
そんな時、ノムさんのこの言葉を見つけたのです。娘が部活から帰って来たら教えてあげないと^^
これから先も、娘が成長していく上で、色んな事があるでしょう。
そんな時に、ノムさんのこの言葉をかけてあげよう、そう思いました。
スポンサーサイト

後悔したり、悩んだり

最近、人の言葉や格言を聞いて感動する事が多くなりました。
もし同じ言葉を若い頃に聞いていたとしても、何も感じなかったかも。不思議なことに、今はグッと来ます。
そうは言っても、せっかくの言葉を忘れる事もあるので^^;ここに書き留めておきます。

先日、テレビ(ボクらの時代)で、女性アナウンサーが3人で語り合っていました。
(佐々木恭子アナウンサー・梅津弥英子アナウンサー・中村仁美アナウンサー)
子育て中の大変な話とか、仕事に関する話等をざっくばらんに話していて面白かったです。
はつらつと見えるアナウンサーの方も、「自分はだめだなぁ。」と悩むこともよくあるよう。
子育てに後悔していると言う発言に対して、
佐々木恭子アナウンサーが、「子育てに後悔しない人なんていないんじゃないですか?」と
サラッと言ったのを聞いて、なんだか安心しました^^
たしかに。子育てに大成功した!と言う人と出会ったことないかも。少なくとも私の周りでは。
私も過去に、こうしてあげれば良かったと思う事もしばしば。今も、日々反省していますしね。
子育てだけではなく、色んな事に悩んでいる人の方が、人間味があって親近感を持てるような気がしました。

60歳過ぎたら…

毎朝、NHKの朝ドラ「まれ」を楽しみにしています(*^-^*)
土屋太鳳ちゃん演じるまれは、横浜でケーキ作りの修行に打ち込み、そして恋に悩む20歳。
2人の男性の間で心が揺れ、悩み、自分を責めます。自分はきたない、と。
能登から訪ねてきたふみさん(田中裕子さん)は、そんなまれを見てゆっくりと語ります。
「誰の心にも黒くてどろどろしたものが眠っているわい。きたない心が嫌やったら隠せばいいがいね。
上手に隠して生きたらええ。そやけど、自分にだけは隠したらだめや。
自分だけはちゃんと認めておくんが。」 ……心に響きます。
そして、ふみさんは笑いながら、
「どんにしても、60過ぎたらみんな笑い話や。」と言います。

色んな失敗やツラかった事も、60過ぎたら笑い話になるのかもしれないですね。
40過ぎの私は、ちょっとだけわかります。過去の失敗談は今、笑えるので^^
そして、60過ぎた時にたくさん笑い話のある人は、より魅力的かもしれない、そう思った朝でした。

こんな先生と出会いたかった。。

一昨年101歳で亡くなった、名門灘中・灘高で長く教壇に立った橋本武先生。
「遊び感覚で学ぶ」ことの大切さを説き、小説 『銀の匙』一冊を中学の三年間かけて精読するそう。
本文に駄菓子屋の話があれば駄菓子の食べ比べをし、凧揚げの話があれば凧を作って揚げるという授業。
自分の興味を自分で引き出し、自分で調べたことは、「一生の財産」という信念を貫いたそう。
私もこんな先生に出会いたかったなあ、と思います。

橋本先生のことは、今までもテレビ等で拝見していましたが、このたび文科省が国立大学の学部の見直し通達を
出したことで、新聞に先生の授業の話が載っていました。
文科省は大学の学部を見直して、廃止や、社会的な要請の高い分野への転換に取り組むよう求めたそう。
現在、高2の娘は、大学で何学部に進むかを悩んでいるので、このニュースは、とても気になっています。
この新聞では、橋本先生の至言を書いて結んでいました。
 「すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる」 
……勉強に対してだけではなく、すべての事に対して言えますね。心に沁みます。

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。